ウェディングフォトケープ・ライト | 大阪.神戸.京都の結婚式、ナチュラルスタイルのウェディング撮影と手縫いレザーアルバム

0798-61-2622
contact

20070430

新緑の「和」ウェディング

このところぼくは天気運に見放されているようで、花見の時に雨が降ったり、ガーデンウェディングの時に土砂降りになったり、散々な日が続いていた。
だけどようやくそんな日々から開放される日がやって来ました!先日あった京都でのウェディング。3日前まで週間予報は雨。やっぱり!?嫌な予感・・・。
それがなんと、当日朝起きてみると青空が広がっていました。きょう結婚するふたりを祝福するかのような色です。
この日の挙式は下鴨神社でありました。随分制約が厳しく、挙式中の撮影はNGだったのだけど、その分、挙式前に糺の森でゆっくりと写真を撮る時間があって、緑のトンネルの中で存分にシャッターを切りました。きょうの花婿さん、神前式ということで和装です。マイペースさが良い感じで口数はすくないものの、ほんわかした雰囲気が全身から溢れています。花嫁さんは花振袖。生地の白と赤、帯の黒色のコントラストが素敵な衣装。いろいろな所に細かい気配りが出来る社交的な面白い方です。そんな、良い感じのふたり。この日を心から楽しんでいて(花婿さんは随分緊張されてたようだけど・・)ぼくも負けないくらい楽しんでシャッターを切りました。
挙式は無事に終わりました。花嫁さん曰く、神官さんが仙人のような白いヒゲをしていて、それがツボにハマったようです。
むっちゃ面白かった!っておっしゃってました。対照的に花婿さんは「あー緊張した!」って感想。
式に続いての披露宴は上賀茂の愛染倉。ここ、初めて訪れたのですが緑が豊富にあって最高です。庭園があって竹林があって裏山には桜並木があって。広大な竹林にはこの季節竹の子も生えていて、食材としても使っているそうです。披露宴会場も飛騨高山にあった古い建物を移築してきたもので、黒い梁や柱に時代を感じます。
あふれる新緑と長い時代を生きてきた建物がふたりを祝福します。派手な余興もパフォーマンスもない静かな披露宴だったけど、生まれたばかりの緑につつまれて、風に揺れる葉の音が心地よく耳に流れてきて、この場所にいることが、ただそれだけで幸福だと思える素敵な結婚式でした。
このふたりの結婚式を撮影できたこと、愛染倉という場所を知ることができたこと、心より感謝します。ありがとうございました。
11.jpg

Category :