ウェディングフォトケープ・ライト | 大阪.神戸.京都の結婚式、ナチュラルスタイルのウェディング撮影と手縫いレザーアルバム

0798-61-2622
contact

20180323

ハンドメイドアルバムの魅力

ぼくたちはレザーアルバムをハンドメイドで制作しています。

 

ハンドメイド?どこが??

なかなかピンと来ないかも知れませんが、それは半裁の革を仕入れるところから。

(牛の体の半分の大きさの革を仕入れ、アトリエのテーブルで切断するところからアルバム制作は始まります。)

 

そこから切断した革と革を縫い合わせたり、大きな紙を手で裂いて1ページの大きさに整えたりします。

 

すべて手作業なのでさまざまなアレンジができるのも魅力。

留め具や糸の色、切り口のデザイン、刻印など限りない場所を好みのものに仕上げています。

 

すべてゼロから相談しながら作って行くので、お客さまは時間をかけて「どんなアルバムにしようか?」と悩んでくださいます。

 

悩みどころのひとつに、表紙のデザインがあります。

一番目に入りやすいところなので、ここは特に慎重になります。

 

オーソドックスな垂直な切り口に角を丸く落としたものや、その丸の部分を大きめにとったもの。これはどんな革にも似合います。

革の粗野な部分を活かすには革の一番端の部分を使うのもおすすめです。ひとつとして同じところはないので、どんなものになるかは出来上がってからのお楽しみ。時には大きく斜めになったり、小さな穴が開いていたりもしますが、それも愛着となって来るでしょう。

その他にも、海が好きなお客さまが波型にされたこともあったり、このアルバムの切り口ひとつにしても、数限りない種類があります。

 

次に作るのはどんな切り口になるかな?なんて想像しながら、撮影のない今日はアトリエでゆったり革を縫っています。

 

河田洋祐

 



オーソドックスに角を落としたデザイン

 


角のアールを大きめに取ったデザイン

 


革の端をそのまま生かしたデザイン

 


波型のデザイン